椎名誠 旅する文学館

当サイト「いいものあります。」での書籍およびオリジナルグッズの販売を、2018年7月末日をもちまして終了させていただきました。これまで賜りました皆様のご愛顧に心より感謝申しあげます。ありがとうございました。
(2018年6月8日更新: 弊社出版事業廃止のお知らせについて)

新着情報

コンテンツ更新

8月11日(土)「愛用原稿用紙と太文字ペン」に『ロシアにおけるニタリノフの便座について』(新潮社)に収録「まつりはいいなあ」(『月刊カドカワ』で連載)の原稿の一部を掲載します。11月10日まで掲載します。お楽しみください。

新刊書籍

6月10日『旅先のオバケ』(集英社)が出版されました。

5月30日『おっちゃん山』(新日本出版社)が出版されました。

5月30日『おなかがすいたハラペコだ。② おかわりもういっぱい』(新日本出版社)が出版されました。

3月2日『あるいて行くとぶつかるんだ』(角川書店)が出版されました。

2月25日『単細胞にも意地がある ナマコのからえばり』(集英社)文庫が出版されました。

12月20日『犬から聞いた話をしよう』(新潮社)が出版されました。

12月1日『北の空と雲と』(PHP研究所)が出版されました。

11月15日『埠頭三角暗闇市場』(講談社)文庫が出版されました。

9月25日『長さ一キロのアナコンダがシッポを嚙まれたら』(角川書店)文庫が出版されました。

8月29日『おれたちを跨ぐな!わしらは怪しい雑魚釣り隊』(小学館)が出版されました。

椎名誠の仕事 聞き手 目黒孝二 こんなふうに生きてきた 思えばいっぱい書いてきた 映画監督 シーナのモノ語り 鞄の中の黄金期 地球どこでも不思議旅 愛用原稿用紙と太文字ペン こんな写真を撮ってきた 大切なおしらせ 生ビール