132杯目:『続 失踪願望。』刊行と謝罪

132

東北の温泉に毎週、失踪したい
福島県福島市/竹田聡一郎撮影
(“チェキ” instax mini 8)

竹田集英社から『続 失踪願望。 さらば友よ編』が発売されましたー。

椎名ありがとう。

竹田新型コロナウイルスに罹患したり、何かと大変だった前作『失踪願望。 コロナふらふら格闘編』には2021年春からの日記が収録されてました。

椎名そうだったか。

竹田今回はその続き、2022年夏からの日記が収録されています。

椎名時期的にはコロナは終息している頃?

竹田いや、全国的にまん延防止等重点措置がその春に終わっているのですが、椎名さんは名古屋場所での感染拡大について書いているくらいだから、感染者数はまだ多かった頃です。相撲の観客制限などはなくなったけれど、それが仇になったという批判もありました。

椎名そうかあ。まだまだ息苦しかった時期か。

竹田一方で取材や講演も少しずつ増えてきて、椎名さんは愛媛県の大三島へ行ってます。

椎名そうだった。穏やかな瀬戸内海を久しぶりに見て「綺麗だなあ。我が人生において海はいつでも大切な場所だったなあ」と柄にもなく噛み締めた気がする。

竹田秋は名古屋、奥会津、八丈島と出張も戻ってきました。

椎名地方に行ったかと思ったら病院に通ったり、我ながらヨロヨロ生きているねえ。

竹田読んでて意外だったのは、椎名さんはカタールで開催されたサッカーのワールドカップを割としっかり観ていたことです。

椎名テレビつけてやっていると見ちゃうってだけだよ。サッカーはゲームの動きが連続しているから飽きない。でも現地で観るほうが面白いの?

竹田どうなんでしょう。席にもよりますが、しっかりスポーツとして分析というか観戦するなら、あるいはテレビのほうがいいかもしれません。贔屓のチームを応援したいとか、才能ある選手を自分の目で確認したいという意図があればスタジアムのほうがいいっす。特に欧州や南米なんかは。

椎名カタールには行かなかったんだっけ?

竹田そうなんです。僕の話で恐縮ですが、日本がワールドカップに出場した1998年フランス大会から、2002年日韓、2006年ドイツ、2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアと6大会連続で現地観戦と取材をしてきたんですが、カタールには行かなかった。

椎名行けばよかったのに。

竹田アルコールがあんまり飲めないんすよ。

椎名ああ、イスラム教国か。

竹田一部のホテルやレストランなどでは飲めるようですが、おそらく高いですし。ビール調達に苦労するワールドカップなんて……。

椎名不真面目な理由を真面目に悩んでいたんだな。

竹田僕のサッカー取材って旅としての欲が強かったんだな、と気付きました。僕の話はいいとして、2022年の師走には目黒考二さんの肺にがんが見つかってしまいます。

椎名目黒のことを考えると今でもつらいよ。

竹田では、補足をせずに実際に椎名さんの日記を読んでもらうとして、1点だけ。僕は椎名さんに謝らないといけないことがありまして。

椎名なんだい。酒の盗み飲みくらいは許してあげるよ。

竹田椎名さんは、目黒さんの肺がんの連絡を受けた後、12月22日の日記に「竹田に電話して年末恒例の粗大ゴミ合宿に行かない旨を伝える」と書いているんです。

椎名そうだね。悪かったよ。

竹田謝るのはこちらのほうです。その時点では目黒さんのことはご家族と「本の雑誌」編集部くらいしか知らなかったのです。もちろん僕も。

椎名そうだったか。

竹田椎名さんも「ちょっと行く気になれないんだ」という曖昧な理由しか話してくれず、僕としては一方的にキャンセルされたと感じたのです。

椎名なるほど。

竹田だから僕は「粗大ゴミ合宿は椎名さんが『やるぞう。みんな忙しいとかカッコ悪いこと言うなよな。全力で遊ぼう』と始めたもので、その張本人が来ないのはシメシがつかないです」くらいの生意気を言ったと記憶してます。

椎名そうだっけ。

竹田深く考えずにそのような物言いをして申し訳ありませんでした。

椎名別に誰が悪いわけじゃないからな。がんが悪い。がんって嫌らしいヤツだよな。見つかりにくいところにわざといるんだぜ。みんな健康でいてくれよなあ。

竹田椎名さんこそたのんますよ。本書を読んでいると病院にもけっこう行ってますもんね。

椎名目の手術は怖かったけれど、SF映画を思わせるハイテクは面白くもあった。

竹田やっぱりこのシリーズって、椎名さんと同世代の共感を集めるだけではなく、「あのビールうぐうぐのシーナも年相応になったなあ」という時間の経過、老いや死生観について考えさせる本になると思うんです。

椎名そういうもんか。

竹田あとは図らずも椎名さんが時事問題や当時の出来事に触れることで、「ああ、こんなことがあったなあ。あの時私は~」と、コロナ禍という一時代を思い出すきっかけになる気もします。時間が経ってから再読しても面白いかもしれない。

椎名連載はまだしてるからね。

竹田「集英社 学芸の森」ですね。ずっと続けてください。先週もビールたくさん飲んでたし、まだまだ期待できそうです。

椎名酒量は減ったなあ。

竹田ツマミなしに生ビール4杯、ジンジャーハイボール3杯を飲んで「酒量が減った」と嘆く79歳がどこにいるんすか。

椎名誠:ビールばっかり飲んでいる旅作家。近著『続 失踪願望。さらば友よ編』が集英社から好評発売中なので生ビールで乾杯だ。

竹田聡一郎:ビールばっかり飲んでいるフリーライター。『続 失踪願望。さらば友よ編』の取材に同行してビールばっかり飲んでいた。

<<<131杯目    133杯目>>>

旅する文学館 ホームへ