129杯目:告! 新宿3丁目まつり

129杯目
釣れない時もよく飲んで食った
東京都大島町/椎名誠撮影
(NIKON Df)

竹田雑魚釣り隊20周年&『続 失踪願望。』刊行イベントの参加受付を開始しましたー。

椎名お、いよいよか。

竹田いよいよです。イベントタイトルも「雑魚釣り隊20周年記念 新宿3丁目まつり」に正式決定!

椎名いつだっけ?

竹田5月26日の日曜午後です。椎名さん、当日は晴れ男パワーであっぱれな五月晴れをお願いします。

椎名うむ、そのためには冷えた生ビールが必要だ。

竹田わかってます。いくらでも飲んでください。

椎名で、何やるの?

竹田……。

椎名なんだよ。ムズカシイ沈黙すんなよ。

竹田ここの123杯目で椎名さんは「どーんとやるか」と言っていました。あれは3月上旬の公開で、もっといえば宮古島に取材に行ったのは2月上旬ですから、2ヶ月以上、我々はこのイベントについて打ち合わせしてきたわけです。

椎名そうだったか。

竹田僕は何度も企画書を椎名さんに見せて「これでどうですか?」と確認してきたのに今このタイミングで「何やるの?」はひどい。

椎名いじけるなよ。君も当日はトコトン飲んでいいからさ。

竹田そのつもりですよ。「SPACE 雑遊」での第一部は椎名さんのトーク「嗚呼、釣れずに20年」、ミュージシャンでもある雑魚釣り隊料理長のザコとその仲間によるライブ「樋口のギター」です。

椎名いいではないか。音楽っていうのは今まであまりなかった要素だね。酒は?

竹田第一部はなし。

椎名ひどいではないか。

竹田スペースの都合上、参加者がビールを持ったりすると置くところとかなくて大変そうなんですよ。椎名さんには用意しますから。

椎名ふひひひ。乾杯はいつやるの?

竹田酒のことばっかり心配してますね。第一部が終わって、第二部で乾杯のちサイン会を「雑遊」から徒歩30歩の「池林房」で執り行います。なんせ椎名さんの読者ですから、第二部の宴会だけ来る人もいそうだなってことで、そんな呑み助も歓迎します。「池林房」と同時進行する形で、池林房から階段を25段上がっただけの「海森2」も解放し、こちらは飲み放題。

椎名いいではないか。

竹田椎名さんには基本的には「池林房」にいてもらって、ビール大会およびサイン会です。

椎名ほーお!

竹田「海森2」では雑魚釣り隊の釣りバカ軍団「雑魚釣り隊釣り部」がうろちょろしてますので、釣り好きな人、とことん飲みたい人はそちらに参加してもらえれば。

椎名「池林房」は飲み放題じゃないの?

竹田参加者にはドリンクとフードに使えるチケットをひとりにつき4枚、用意しますのでそれを使ってもらいます。飲兵衛もいるだろうから、追加ドリンクもワンコインでできるように準備します。

椎名なるほど。いろいろ考えているんだねえ。

竹田だから何度も相談と報告したじゃないすか。「うん、それでいいよ」と言ってたのは誰ですか!

椎名ウイスキーも飲んでいいよ。

竹田お、知多ですね。いただきます。

椎名雑魚釣り隊の連中はみんな参加できるの?

竹田例によって「無理ない範囲で来られる人は手伝ってくれー」と連絡したら、現段階で20人が集合する予定です。

椎名バカだなあ。

竹田バカの親玉はあなたです。

椎名ん?

竹田なんでもないです。第一部のトーク、何話すか考えておいてくださいよ。

椎名講演とかトークショーとかで「よし、これを今日は話そう」って準備したことはほとんどないんだ。

竹田エバらないでください。まあ、そうだと思ったけれど。

椎名しかし不思議だよなあ。

竹田何がですか?

椎名映画とか浮き球野球とか、俺が突如、のめり込んで人を巻き込んでそれぞれ熱中してた時期はあるんだけれど、だいたい10年単位で終わるんだ。

竹田映画については『まわれ映写機』(幻冬舎)あたり、浮き球野球に関しては『海浜棒球始末記 ウ・リーグ熱風録』(文藝春秋)に詳しいですが、10年単位というのは確かに椎名さんのひとつの目安なんですね。

椎名そうなんだ。でも、雑魚釣り隊のこのおかしなヤツらとの旅は20年近くやってるもんな。

竹田いちばんおかしなヤツはあなたです。

椎名うーむ。

竹田第一回の取材が2005年で、第一作『わしらは怪しい雑魚釣り隊』』(マガジン・マガジン)から、最終刊『サヨナラどーだ!の雑魚釣り隊』(小学館)までシリーズは8巻となりました。

椎名ひええ。

竹田あんたが書いたんでしょうが。どうしてそんなに書けたのか、なぜ飽きなかったのか。そんな理由を話してくれてもいいです。

椎名それもいいな。考えておくよ。

椎名誠:酒飲み旅作家。三月場所が面白かったからまた相撲熱が増してきた。五月場所は伯桜鵬に期待したい。

竹田聡一郎:ビール偏愛フリーライター。なんで桜の花びらが缶ビールにプリントされていると買ってしまうんだろう。

<<<128杯目    130杯目>>>

旅する文学館 ホームへ