126杯目:白湯600円

126杯目

18億円かけて光らせてもねえ……
東京都新宿区/竹田聡一郎撮影
(“チェキ” instax mini 8)

椎名先週、久しぶりに新宿に出たんだけどさ。

竹田どうでした?

椎名外国人ってあんなに多かったっけ?

竹田あー、コロナも明けて最近、特に多い気がします。

椎名なんだか知らない街のようだ。

竹田椎名さんは三丁目あたりに行ったと思いますが、歌舞伎町やゴールデン街なんてもっと多いっすよ。

椎名ゴールデン街なんて昔は敷居が高くて一見ではなかなか入れなかったんじゃないの?

竹田時代なんですかね。いわゆるインバウンド需要がないと日本の経済はもう成り立たないのかもしれない。

椎名円も安いしな。先行きも暗そうだし。

竹田レートを考えれば外国人にとっては天国みたいなもんでしょうね。基本的に外国人が観光しに日本に来てくれるのは嬉しいことですけどね。先日、北海道のニセコのスキー場に行ってきたんですよ。

椎名生ビールいくら?

竹田某ゲレンデのレストハウスで950円。

椎名高いね。

竹田それもピッチャーや大ジョッキじゃないですぜ。ちんまい小ジョッキ。大ジョッキは1850円。

椎名ひええ。

竹田ホットドッグが1800円、ランチの御膳が12000円、白湯が600円という価格でビビりました。しかもぜんぶバンバン売れている。

椎名白湯が600円!

竹田物価だけでなく、いわゆるオーバーツーリズムという言葉で語られているように、マナーの問題や文化の消耗、破壊は危惧されています。そして東京、大阪、札幌、京都、福岡あたり大都市および観光都市のホテルが軒並み高騰していて、出張の多い僕は普通に困っています。

椎名価格の区別というか、外国人観光客だけからうまくお金を取ることはできないの?

竹田欧州を中心に観光税と呼ばれる、ホテルなどの宿泊にひもづいた追加税の導入が相次いでいます。

椎名日本もやればいいじゃないの。

竹田2020年かな。日本出国の際に1000円を納める国際観光旅客税というのをはじめたのですが、これは日本人にもかかるんです。

椎名根本的な解決にはならなそうだね。

竹田常に対外的には弱腰ですもんねー。

椎名なんでいつも国内からばかり吸い上げようとするんだろうな。倒れる寸前の幕府そのものだ。

竹田インバウンドなんていう耳障り良さそうな言葉で「外貨が日本に入ってくる」みたいなイメージを作っているつもりなんですかね。我々の暮らしは特に楽になっていない。

椎名国政はダメだから自治体がやればいいんじゃないのかな。

竹田北海道の鈴木直道知事あたり、やってくれないすかね?

椎名都政も期待できないなー。

竹田ライトアップだかプロジェクションマッピングだかに十数億円を注ぎ込んで喜んでいる連中ですからね。

椎名大勢の大人がさ、会議して決めるわけでしょう。

竹田僕もまったく同じことを思いました。「いや、そんなんやってる場合じゃないでしょう。おかしいですよ。もっと有効に使いましょう」と誰も言わなかったのか、という疑問。でもあれって観光資源なんですって。コイケさんによると「新しい名所になるよう世界にPRしていきたい」と。

椎名だったらちゃんと外貨を獲得する方策を実行してほしいよな。

竹田そのあたり、東京新聞がしっかり書いてましたね。

椎名あー、それは読んだかもしれない。マスメディアとはそうあるべきだよ。

竹田東京新聞が偉いというよりも、むしろそれが普通にならないといけない。大手メディアが情けない。

椎名他人事なんだろな。

竹田うーむ。わしらがうなっても解決にはならんけど、うーむ。

椎名若い人たちはさ、危機感を持っているのかな。

竹田どうなんでしょう。機会があれば聞いてみます。でも、「さとり世代」と呼ばれるくらいだから選挙ひとつとっても「どうせなんも変わらん」と諦めているかもしれません。

椎名うーむ。

竹田例えば大谷翔平選手とか若い世代にも影響力を持つ本物のスターが「選挙に行こうぜ」とか言えば変わりますかね?

椎名変わるかもね。でも現行の選挙だと自民党は「投票率なんて低いほうがやりやすいやあ」が本音だろうから、そういう効果的な手は打たないんじゃないかな。

竹田なるほどー。なんとも情けないなあ。うーむ。仕方ないので飲む、という結論になってしまうのがなんとも歯痒い。

椎名誠:酒飲み旅作家。最近、ひょっとしたら自分は甘いものが好きなのではと気づいて戸惑っている。

竹田聡一郎:ビール偏愛フリーライター。4年間、毎日ヨーグルトを摂っていたら花粉症がだいぶ緩和された。

<<<125杯目    127杯目>>>

旅する文学館 ホームへ