124杯目:ダーラムは偉い人

124杯目

この冬いちばんの冷え込みで朝陽も赤みを帯びるでしょう
シベリアのどこか/椎名誠撮影(ニコンF3)

竹田はっぺん!

椎名何だそれ、くしゃみか? 変な音だすなよ。

竹田誰かに噂されているんでしょうね。モテる男はつらいぜ。

椎名あほや。

竹田春の訪れは嬉しいのですが、花粉の季節になってしまった。

椎名花粉症ってなったことないからなー。

竹田確か毎年、この話してますね。一回も?

椎名一度だけ、なんか鼻がグズグズするなーと気付いたことがあった。

竹田あ、ナマコシリーズかな。エッセイで読んだかも。『流木焚火の黄金時間 ナマコのからえばり7』(集英社)かな。

椎名書いたかもしれない。日光を浴びてたら治っちゃった。

竹田光合成。野生。妖怪。

椎名最後なんて言った?

竹田いえ別に。花粉、今年はどうなんだろなー。僕はだいぶ楽になったのですが、それでもムズムズします。

椎名みんな春になると「今日は飛んでる」とか「今年は多い」とか蛍の話みたいだな、と思う。

竹田季語に近いものはあるけれど、そんな風雅なもんでもないです。椎名さんは、世界各地でキャンプしてきたり、過酷な旅を続けたから、身体が強いんでしょうね。鈍感ジジイ。

椎名最後なんて言った?

竹田いえ別に。ほかに食べ物なども各種アレルギーはないですか?

椎名まったく記憶にない。強いていえば冷えた生ビールは怖いから持ってこないでくれよな。

竹田はいはい。あー、5月くらいまではムズムズするのかなあ。嫌だな。

椎名天気予報を見てて不思議なんだけどさ。

竹田はいはい。

椎名「例年の10倍の花粉が~」とか言うじゃない。

竹田言いますね。

椎名あれ、誰がどうやって測ってるの?

竹田知りません。が、安易に検索をするとですね、例えば東京都保険医療局のウェブサイトによると「ワセリンを塗ったスライドグラスを屋外に1日置いて、付着した花粉の個数を顕微鏡で数える」というダーラム法を採用しているらしいです。

椎名ダーラムって誰?

竹田なんか偉い学者です。

椎名ふーん。とにかく、その付着したのを数えて、土地当たりどれくらいと概算するわけか。

竹田おそらくそうなんでしょうね。

椎名でもあれって、10倍だからって、対策できるわけじゃないよね?

竹田確かに。外出を控えるとか薬を早めに飲むとかくらい。

椎名大雪とかのニュースもそうなんだけれど、何倍とか最強寒波とか、ちょっと大袈裟なんだよな。エンターテインメントとは思わないけれど、報道というスタンスではないと思う。

竹田昔、ブラジルに取材で行った時に、金曜日だったと思います。天気予報でキャスターの男性が「週末はずっと晴れです。よし、サッカーの試合があるんだ」とニコニコしゃべっていて。それくらい振り切ればいいのになと思うこともある。報道のツラして違うことやってるのはダサいですね。

椎名お国柄だよな。日本は猛暑で「室内でも水分を摂りましょう」とか言うもんな。

竹田世界の天気予報比較を、宮田珠己さんとか高野秀行さんとか益田ミリさんとか穂村弘さんに書いてほしいなあ。

椎名それはいい企画かもしれないなあ。ところで生ビール怖いなあ。

竹田よし、飲みにいきましょう。

椎名カツオとマグロもアレルギーなんだよ。

椎名誠:酒飲み旅作家。最近、ひょっとしたら自分は甘いものが好きなのではと気づいて戸惑っている。

竹田聡一郎:ビール偏愛フリーライター。4年間、毎日ヨーグルトを摂っていたら花粉症がだいぶ緩和された。

<<<123杯目    125杯目>>>

旅する文学館 ホームへ