113杯目:休肝日という偉業

113杯目

満腹必至のマンハッタン味噌
アメリカ合衆国ニューヨーク市/椎名誠撮影(ニコンDf)

竹田お、味噌ラーメン。どこで食べたのですか?

椎名この写真はニューヨークだね。だいぶ前だけど。

竹田失礼ながら、あんまりうまそうじゃないですね。

椎名まずくはなかったけれど、まあ、見たとおりだ。東京のラーメンのほうがうまい。

竹田新日本出版社の『おなかがすいたハラペコだ。② おかわりもういっぱい』にそのニューヨークラーメン体験が書かれていますが、1杯約3,000円。

椎名そうなんだよ。高い。

竹田今は円安だからさらに高値だろうなあ。

椎名そうなんだろうな。政治が悪いよ。

竹田御意。そもそも我々が通うラーメン屋とニューヨークのラーメン屋はコンセプトというか、店の性質が違うんですね。

椎名箸とナイフとフォークがテーブルにセットされていて、団欒している家族もいれば愛をささやき合うカップルもいる。ラーメン屋ってそうじゃないぞ、とニューヨーク市民に注意したかった。

竹田ラーメンは日本の国民食ではあるけれど、和食ではないですもんね。海外に行くとラーメンもカレーも寿司もキムチも餃子もすべて出てくる店は普通にありますよね。

椎名そしてだいたいおいしくはない。

竹田コラムなんかのネタとしては助かるかもしれません。

椎名それは否定しない。ニューヨークのはチャーシューがやたらと肉厚だった。やっぱり肉国なんだね。

竹田ボリュームが大事なのかな。しかし、情けないことにワタクシ最近、ラーメン大盛りが食べられなくなっておりまして。

椎名それは確かに情けない。

竹田椎名さんは今も時々、大盛り麺をアホみたいにすすってますもんね。

椎名最近はそうでもないぞ。

竹田しかしですね、満腹になると酒飲めなくなるのが嫌なんですけれど、近年、複数の医者に「休肝日を作りなさい」と言われているので、「満腹にして寝ちゃえばいいんだ」と思っているフシもあります。

椎名それはそれで違う病気になりそうだ。

竹田はい、体重が増えました。

椎名運動してんるだろう?

竹田してるんですけどね。痩せない。椎名さんは休肝日を作ったりは……。

椎名しないなあ。

竹田失礼、愚問でしたね。

椎名飲まないと眠れないしね。

竹田まったくその通りなんですが、それはもうアル中なんじゃないでしょうか?

椎名どっからが依存症なの?

竹田世界保健機関が、飲酒による問題の早期発見のために作成した「AUDIT」(The Alcohol Use Disorders Identification Test)というテストがあるんです。

椎名難しそうだね。

竹田いや、そうでもないんです。実際にやってみたのですが、酒量について回答していって、そのあとに「過去1年間に、飲み始めると止められなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?」みたいな質問が続きます。

椎名やだねえ。

竹田「普通だと行うことができることを飲酒していたためにできなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?」

椎名どういうこと?

竹田まあ、椎名さんならシメキリ守らずに飲んじゃう、とか。

椎名……あるねえ。

竹田全10問をやってみたんですけどね、僕はしっかり21点を獲得して「アルコール依存症疑い群」でした。

椎名疑わしきは罰せず。

竹田酒については相変わらず寛容だ。でもお互い気をつけましょう。

椎名でもさ、健康に気をつけて飲む酒はあんまりうまくないだろ。

竹田それが真理なんすよねー。一生懸命、開発している方々には本当に申し訳ないけれど、糖質なんちゃらみたいな酒はどれもあんまり美味しく感じない。でも休肝日は週1回は確保しています。

椎名君がそんな意志が強いとは。偉い!

竹田椎名さん、どうやら休肝日が週1日はまったくもって偉くないみたいですよ。

椎名それを1年続けたら偉業だ。

竹田そんな褒めてもらえるとは。嬉しくなってきた。いっぱいやりましょうか。

椎名たくさん飲もう。

竹田「過去1年間に、飲み始めると止められなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?」

椎名今は忘れなさい。

椎名誠:旅する酒飲み作家。2023年はけっこう苦しい年だった。

竹田聡一郎:旅する麦酒ライター。2023年はまあまあ良い年だった。

<<<112杯目    114杯目>>>

旅する文学館 ホームへ