112杯目:シーナさんに質問だ! ’23師走ver.

111杯目

今年も池林房でたくさん飲みました
東京都新宿区/竹田聡一郎撮影
(“チェキ” instax mini 8)

竹田椎名誠がなんでも解決します。「シーナさんに質問だ!」の回です。ぱちぱちぱち。

椎名なんでも答えるけれど、おそらく解決はしません。

竹田そりゃそうっすね。しかし昨今、「悩み」や「相談」をキーワードにインターネットで検索をかけると、厚生労働省の相談窓口などが出てくるんですよ。

椎名別にいいじゃないの。

竹田そりゃいいんですけれど、自殺対策のwebサイトだったりするんです。窮々とした世の中ではあります。

椎名そうかあ。駆け込み寺みたいな場所が現代には少ないんだろうな。

竹田家族や友人といった人付き合いも希薄になっているのかなあ。

椎名そうかもしれないね。

竹田まあ、この「シーナに質問」は悩みってほどでもない話題がほとんどですが。

椎名うむ。気楽にやろう。

竹田えーまず、金沢市在住の40代の会社員「テラジョッキハイボール」さんより。

椎名はいはい。

竹田「どうやら私は酒癖が悪いようです。吐いたり漏らしたり記憶をなくしたり、ということはないのですが、楽しくなると口数が増えて、時には他人に失礼なことを言ってしまうのです。どうしたらいいでしょうか?」とのこと。

椎名家で無言でひとり酒をするといいんじゃないかな。

竹田解決! なのかな。まあいいか。続いては、椎名さんにこれ聞くか、という感じでもありますが「コロナがらみでオンラインでの会議などが増え、それはそれで便利なのですが人と会う機会が少なくなって、なんだか寂しいです。人と会って会議をしたいのですが、経費や手間もかかるのでオンライン会議はまだまだ幅をきかせそうです。なんとかならないでしょうか?」こちらも会社員ですね。都内在住の50代男性です。

椎名オンライン会議ってパソコンでやるやつ?

竹田そうです。椎名さんもコロナ禍にはおいては、オンラインで講演やインタビューなどをやっているのでは。

椎名何度かやったけれど、確かに面白くない。でもそれが便利と感じる人もいるなら仕方ない。どうしても嫌なら会社を辞めちゃえばいい。

竹田「zoomがつまらんから辞めます」って? それは極端なのでは。

椎名嫌なら辞めればいいんだ。日本は会社を辞めるイコール悪い、うしろめたいと感じる風潮があって、それがマイナスに働いていることも多いと思う。

竹田あくまで参考意見ですが、そういうことです。次は雑魚釣り隊の海仁、岡本という釣り人からの質問です。

椎名釣りのことは分からない。

竹田あの人たちが椎名さんに釣りのことを質問するわけないでしょう。「最近、子犬と暮らすことになったのですが、椎名さんはガクとどのように接し、しつけていたのか教えてください」ですって。

椎名おお、そうなのか。何犬?

竹田どっちも柴犬らしいです。海さんのところが銀(ぎん)、岡本さんのところが美尾(びお)という名前だとか。

椎名しつけというわけではないけれど、本気で目を合わせて話すことじゃないかな。犬は賢いからこっちが言ったことを理解してくれる。

竹田最後の質問です。千葉県の匿名希望の60代男性。「外房の海沿いに住んでいるのですが、海岸でバーベキューなどをする人々の多くがゴミを残していきます。役所や警察に相談しても、解決しません。何かいい方法はありますか?」ですって、これはなんというか、悲しいですね。ゴミを持ち帰るのが当たり前、という民度すらもう日本人は保ってないのかな。悲しいです。

椎名幼稚な国に住む人が一番やる愚かなコトですね。これはもう全員、落とし穴に落とすしかない。

竹田ゴミのように埋めてしまえばいい。

椎名そうそう。

竹田こんなんで大丈夫かな? 引き続きあまり深刻でない質問を募集しております。

椎名誠:旅する酒飲み作家。2023年はけっこう苦しい年だった。

竹田聡一郎:旅する麦酒ライター。2023年はまあまあ良い年だった。

<<<111杯目    113杯目>>>

旅する文学館 ホームへ