111杯目:夢の国はどこにありますか?

112杯目

山と風が馬がみんな強かった
パタゴニアのどこか/椎名誠撮影(コンタックスT2)

竹田先日、千葉県にご一緒したじゃないすか。

椎名運転ありがとう。助かったよ。

竹田いえいえ。でも、ちょっと気になることがありまして。

椎名なんだい?

竹田「助かった」とおっしゃる割に車中で悪態ついてませんでした?

椎名そうだっけ。

竹田ちょっと渋滞していたからなのか、辰巳ジャンクションを過ぎて荒川を渡る都県境あたりだったかな、「バーローバーロー、くだらねえ」とか聞こえました。あれはなんだったのかな、と。

椎名分かった。あれだよ、千葉の遊園地。

竹田あー、ディズニーだ! でも、なんで文句を言う必要が?

椎名週末だったし、そこへ行く人がたくさんいて渋滞してたんじゃないの?

竹田それはそうかもしれません。人気ですよね、あの夢の国。

椎名何が夢の国だ。

竹田「夢と魔法の王国」とも。

椎名自分たちでそれを言ってるの? 王国とはたいしたもんだ。税金もすごそうだな。

竹田税金ではないのですが、入園料はまた値上げされたようで、最大は大人10,900円。

椎名そんなにするの? 瓶ビール3本とタンメン大盛り、紹興酒ともやし炒めもいけるんじゃないか?

竹田町中華で換算する人も珍しいですが、いけると思います。というか、ザーサイとピータン、焼き餃子2枚追加できちゃう。椎名さんは入ったことは……。

椎名町中華? あるよ。

竹田んなわけない。ディズニーリゾートです。

椎名あそこは虚しさのカタマリみたいな、ハリボテと虚構の世界だろ。

竹田ファンは多いですよ。

椎名君は行ったことあるの?

竹田人並みには。最近は生ビールも飲めるようになってますし。

椎名ふーん。

竹田キリンがスポンサーなので一番搾りがメインで、場所によってはハートランドなども飲めます。価格は750円、800円らしいです。

椎名ふーん。

竹田では逆に聞かせてください。椎名さんにとっての夢の国はどこですか?

椎名うーん、パタゴニアかなあ。

竹田おお、ちょうど先日、ブルース・チャトウィンの『パタゴニア』(河出文庫)を読みました。民俗、航路、宗教に史実。一読だけではすべて理解できなかったので、いまもう1度、読んでます。

椎名名作だよな。

竹田椎名さんもまさに同名の小説『パタゴニア』を情報センター出版局から出しています。

椎名あの本は珍しく目黒(考二)が褒めてくれたんだ。

竹田最初に椎名さんが彼の地を踏んだのは1983年なんですね。ちょうど40年前、39歳です。

椎名そうかあ。体力もあったからダーウィンを追ってガシガシ進めた。

竹田どういう場所なんですか?

椎名そんな単純に答えることはできないが、絶望と希望と夢と挑戦の土地だね。

竹田行ってみたいなあ。

椎名今でもちょっと風が強い日とか、夕陽がいやに赤い時間帯とか、雲が早く流れていく様子を見たりすると思い出すことがあるよ。

竹田せっかくなのでチャトウィンとシーナ、それぞれのパタゴニアをもう一度、熟読するので改めて話を聞かせてください。

椎名ピスコ飲ませてくれよ。

竹田承知しました。

椎名羊肉なんかあるといいなあ。

竹田……承知しました。

椎名本当にパタゴニアはいいところだよ。ぜひ行ってほしい。あと、チリではウニが安いんだ。

竹田日本では高い! ウニはダメ!

椎名誠:旅する酒飲み作家。2023年はけっこう苦しい年だった。

竹田聡一郎:旅する麦酒ライター。2023年はまあまあ良い年だった。

<<<110杯目    112杯目>>>

旅する文学館 ホームへ