出版社:偕成社

新装改訂版

発行年月日:2002年09月30日

椎名誠 自著を語る

沢野ひとし以外のイラストレーターと組んだ初めての本です。絵本は好きなので、これからも年1冊ぐらいは出していきたいですね。『なつのしっぽ』と同じようにして、これも長いシリーズとして書きつづけていきたいなあ、と思っていますが、この本のように絵を最終的な表現とするものの原作というのは結構、絵的な表現に気をつかうもので、自分の文章世界の中で完結させるものと比べて難しいということに気がつきました。でもあきらめずに、いつか時間ができたら静かなところでブランデーでもちびちびやりながら、こういったファンタジー世界の物語を書いていきたいなあと思っています。(椎名誠 新潮文庫 1996年『自走式漂流記1944〜1996』より)

旅する文学館 ホームへ