_000381

出版社:新日本出版社

発行年月日:2021年06月30日

椎名誠 自著を語る

30代から40代にかけて、脈絡なく南の島に出かけていたことがある。外国が多かったが、行けば最低でも半月ほどは一つの島にいた。まったく言葉はわからなくても南島の人々は親切だったから、そのうちに島独特の食べ物の話などは気配で言っている意味を見込んだつもりでいたりした。そんな頃の話を中心に、いきなりマイナス四十度の極寒地帯の話になったり、アジアの漁師一家との付き合いを書いたり、まさにタイトル通りの自由気ままな一冊。全部自分で撮った写真を使えるのはうれしかった。

旅する文学館 ホームへ