椎名誠 旅する文学館

新着情報

コンテンツ更新

思えばいっぱい書いてきた」の『北の空と雲と』『おなかがすいたハラペコだ。②おかわりもういっぱい 』『旅先のオバケ』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『すばらしい黄金の暗闇世界』『ケレスの龍』『ノミのジャンプと銀河系』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

こんなふうに生きてきた」の情報を更新しました。

思えばいっぱい書いてきた」の『足のカカトをかじる犬』『アイスプラネット』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『本人に訊く〈弐〉 おまたせ激突篇』『本人に訊く〈壱〉 よろしく懐旧篇』『雨の匂いのする夜に』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『われは歌えどもやぶれかぶれ』『本の夢 本のちから』『おっちゃん山』『おれたちを跨ぐな!わしらは怪しい雑魚釣り隊 』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『この道をどこまでも行くんだ』『かぐや姫はいやな女』『椎名誠 超常小説ベストセレクション』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『旅の窓からでっかい空をながめる』『わが天幕焚き火人生』『世界の家族 家族の世界』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『椎名誠「北政府」コレクション』『おれたちを齧るな!わしらは怪しい雑魚釣り隊 』『毎朝ちがう風景があった』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

思えばいっぱい書いてきた」の『続 家族のあしあと』『おなかがすいたハラペコだ。③』『家族のあしあと』に「自著を語る」を掲載しました。お楽しみください。

新刊書籍

3月25日『おなかがすいたハラペコだ。② おかわりもういっぱい』(集英社)文庫が出版されました。

2月25日『階層樹海』(文藝春秋)が出版されました。

1月15日『こんな写真を撮ってきた』(新日本出版社)が出版されました。

12月25日『ぼくの旅のあと先』(角川書店)(『あるいて行くとぶつかるんだ』改題)文庫が出版されました。

12月21日『遺言未満、』(集英社)が出版されました。

11月25日『EVENA(エベナ)』(集英社)文庫が出版されました。

10月10日『続 家族のあしあと』(集英社)が出版されました。

9月15日『おなかがすいたハラペコだ。③ あっ、ごはん炊くの忘れてた!』(新日本出版社)が出版されました。

5月25日『家族のあしあと』(集英社)文庫が出版されました。

椎名誠の仕事 聞き手 目黒孝二 こんなふうに生きてきた 思えばいっぱい書いてきた 映画監督 シーナのモノ語り 鞄の中の黄金期 地球どこでも不思議旅 愛用原稿用紙と太文字ペン こんな写真を撮ってきた 大切なおしらせ 生ビール